deploygateが便利になっていた

概要

通常iOSやAndroidの場合に実機でテストする場合にPC端末に繋いだ上でビルドする必要があります。
それでもAndroidの場合は、apkをメール等で配布すればいいのですがiOSの場合はそうはいきません。そこで
deploy gate で開発段階のアプリを配布する必要があります。その他にもiOSの場合はxcodeのバージョンによってビルドできない事があるのでそれを避ける事ができます。

ipaを配布する方法

deploy gate にログインし管理画面からipaもしくはapkをアップロードします。
実はこの部分が便利になっていました。

curl -sSL https://deploygate.com/cli/install/自分のid | bash
dg deploy

上記の方法で code deploy のdgコマンドが使えるようになりプロジェクトファイルまで移動してdeployコマンドを使えば自動的にdeploy gateにアップロードしてくれるようです。便利ですね。
ちなみにインストール中にgemをいくつかインストールしていたのでrubyを事前に入れておく方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA